中古車ライドオン

中古車−ライドオン!

HOME>中古車の修復歴を見てみよう!

中古車の修復歴を見てみよう!

「事故車」と「修復歴車」について。

普段、私たちが中古車を選ぶときなどに良く使う「事故車」という言葉があります。
これは、「事故を起こして、修復したことがあるかどうか」という意味ですね。
ほとんどの場合では、大きな事故で大破しているような車を直したというイメージがあると思います。

では、中古車販売業界においては、このような一般でいう「事故車」と言われる代わりに使われる言葉で、「修復歴車」という言葉があります。こちらでは、例えると、軽くバンパーをぶつけたような場合でも「修復歴車」と呼ばれることもあります。

このように、一般で言う「事故車」と中古車業界でいう「修復歴車」と言うのは、同じ意味のようで少しだけ違いますし、
関係団体によって厳密に定義がされています。

中古車関連団体”社団法人・自動車公正取引協議会”という団体のの中古車規約によれば、
「修復歴車とは交通事故をおこした結果、あるいは災害によって車体の骨格に当たる部位を損傷し、[修正]あるいは部品の[交換]により修復したもの」
という風にされています。

これは, 自動車関連団体の一つである、「財団法人・日本自動車査定協会」における検査基準や、中古車オークションの関係団体である「日本中古自動車販売協会連合会」の定めた、中古車オークションの検査基準に沿っています。

主なポイントとしては、以下の9つの箇所において、「修復が有るか否か」ということです。もし、ここで定められた箇所に修復・交換がされていないような場合には、「修復歴車」とは見なされません。

ちなみに、修復歴車を販売する際には中古車販売業者には「修復歴あり」とハッキリと表示することを義務づけられています。

中古車の修復歴・9つのポイント!
  1. フレーム(サイドメンバー)
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー(フロント、センター、リア)
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロアパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ラジエターコアサポート(交換)
 

ただ、これらの部分について「修復されている」という事実を、「その車両の欠点」として単純に判断してよいかどうかということについては、別問題だと思います。中古車販売店によって、これらの部品を新品に交換するなどして、修復歴が仮に有った場合でも、走行に支障が無いように、キチンと整備されているものものあるので、一概に修復歴車が品質が悪いということにはなりません。
また、修復歴の定義についても、各中古車オークション会場によっては、その審査基準などに差がでてくる場合がありますので、どんなに軽微なものでも、厳密な審査基準においては「修復歴アリ」とみなされてしまう場合もあります。

修復歴車と聞けば、それだけで敬遠されがちなのですし、実際避けたほうが良いのは良いかもしれません。
ですが、整備されている箇所をしっかりと見極めて、試乗や、中古車販売店のスタッフなどに聞いたりして、賢く買うというのが、筆者のオススメです。何しろ、修復歴のある中古車は「安い」という最大の魅力があるのですから・・・。

ちなみに・・・
「中古車のエンジンルームがキレイだと、修復歴アリの可能性が有る」ともいう人がいるかもしれません。
これは「エンジン部分に修復歴があった場合、その部分のみがキレイだと、その部分が目立ってしまうため、エンジンルーム全体をキレイにして誤魔化そうとしている」ということから来ているのでしょうが、その様なことは筆者の経験からするとほとんどありません。
中古車販売店は、お客さんにキレイな中古車を見てもらいたいのであるので、内装も、エンジンルームもキレイにするのは通常の業務の範囲であって、お客さんに向けた「身だしなみ」のようなものです。
中には、常日頃から洗車や内装・エンジンルームの掃除まで徹底している人もいて、洗車は特に最近自らこだわってワックスがけやガラスコーティング剤を使ってまでピカピカにする人もいます。そんな愛情がこもった車は中古販売でもすぐ売れてしまいますが…。
そもそも修復歴アリの中古車を、表示も無しに黙って売る悪質な中古車販売店は、ほとんどありません。
ですが、素人目には、なかなか修復歴を見分けるのは難しいことだと思います。
もし分からない事があればどんどん質問して、疑問を少しでも晴らす状態にしておくと、良いかもしれません。